スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画 オリバー・ツイスト
2006年02月01日 (水) | 編集 |
オリバー・ツイストオリバー・ツイストを観てきました。
オリバー役の男の子がかわいい、うまい。
どんなに虐げられても純粋な心を失わない透明感を演じきってました。フランダースの犬のネロのよう・・・。
映画もちょっと考えさせれ、最後には感動させてもらいました。
欲を言うともう少し人物を深く描いてもらえたら、感情移入しやすいんですけどねえ・・・。
この時間内で抑えるにはしかたないのかな。
観て損はないと思います。


コメント
この記事へのコメント
オリバー少年、可愛かったー!無垢な瞳とはかなげな笑顔がよかったです。映像もクラシカルな雰囲気で好きです。さすがポランスキー。
Tb失礼します。
2006/02/02(Thu) 20:37 | URL  | あん #-[ 編集]
>あんさん
Tbありがとうございます。
ほんとオリバー少年には参りました。天才と言われるだけありますね。
これからの成長が楽しみです
2006/02/05(Sun) 00:34 | URL  | kaorin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  涙のあとには希望の光がイギリスの文豪ディケンズの小説の映画化です。何とディケンズは20代の時にこの名作を書いたそうです、すごい!{/star/}手がけたのは「戦場のピアニスト」で世界中の賞賛を浴びたロマン・ポランスキー。「自分の子供達も楽しめる作品を一本撮りた
2006/02/02(Thu) 20:35:38 |  あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。